警備・防犯・セキュリティサービスの富士防災警備株式会社

未経験でも本当に大丈夫ですか?

第2回目は、「未経験でも本当に大丈夫ですか?」をお届けします。
未経験でも大丈夫とあっても、初めての職業であれば、誰でも不安に感じることでしょう。
まして、警備員は「安心・安全を守る職業」です。
不安は当然かと思います。

そこで、今回は、未経験でも大丈夫な理由をお伝えしたいと思います。

未経験でも本当に大丈夫なの?

まず、結論を言いますと、「大丈夫」です。
一言で書いてしまうと、ずいぶんあっさりしてしまいましたが、本当に大丈夫です。

警備員には法定研修が定められていることをご存じですか?
法律により、警備員になるために、30時間以上の研修を受けなければなりません。

関東近隣の方(本社にお越しいただける方)であれば、 当社の専属の教官により、警備員としての教育をしっかりと受けていただきます。

「敬礼の仕方は?」
「制服の着方が分からない。」
「万引き犯を捕まえたら?」
など、皆さんの疑問は、講習を受ける中で、一つ一つ解けていくと思います。

他に分からないことがあれば、ご質問いただければ、 経験豊富な教官がお答えいたします。

配属後も、現場とその方にあった教育方法を考えて、 臨機応変に対応しております。

たくさんの仕事をこなさないといけない現場などであれば、
1カ月ほど、研修が続くこともありますが、それは、皆さんに 長く働いて欲しいという想いから。

現場や所長では、新人の方に無理をさせたいとは思っていません。
出来る範囲のことから、仕事に取り組んでいただき、
少しずつ、仕事の幅を広げ、長く働いて欲しいと考えています。

今回の特集「未経験でも本当に大丈夫ですか?」はいかがでしたか?
少しは参考になりましたでしょうか。

当社では、警備員の象徴でもある「敬礼」の仕方も、しっかりとお教えいたします。
制服を着こなし、ビシッと敬礼をしてみたいと思ったことはありせんか?
とある所長が警備員の頃、一番最初に覚えたかったことは、「敬礼」だったそうです。
理由は「礼儀正しく、誠意を持っている人間に見えるから」とのこと。

簡単に見える「敬礼」も、実は奥が深いもの。
警備員として働く際は、是非、「敬礼」をマスターしてみてください。

次回は、「面接ではどこを重視しますか?」をお届けします。