警備・防犯・セキュリティサービスの富士防災警備株式会社

データ保管サービス(FDS:Fuji Data Security)

警備会社が運営する日本初の法人対象データ保管サービス

FDS(Fuji Data Security)とは富士防災警備株式会社が運営するセキュリティ万全の書類・磁気記録媒体専用保管施設による法人専用データ保管サービスです。

企業コンプライアンス、CSR等の社会的要求からBCP策定・運用に取組まれる法人企業の事業継続資産(重要書類・磁気記録媒体)を、あらゆるリスク耐性に優れた保管設備・環境にて安全確実な保管管理するとともに、集配送/データ管理/廃棄を備えたサービスをご提供いたします。

サービスのご案内

業務体制

■保管運用・集配送・警備など保管に関する一環業務を第三者に委託せず自社社員が行う

■機密文書・磁気記録媒体取扱いを、特性及び重要性について教育を受けた自社社員が行う

保管対象

書類(契約書・会計帳簿・帳票類・請求書・健康診断個人票・社会保険書類・カルテ) 等

磁気記録媒体(LTO・DLT・CD/DVD・FD・マイクロフィルム・レントゲンフィルム)等

保管サービス

1)保管施設立地

広域災害に生じるリスクに対し,保管対象物の安全が確保できるよう、以下条件を具備しております。

  • 地盤が強固であり耐震性に優れ、過去に地震の被害がない
  • 地震・風水害等による同時被害を避けるため、保管センターは都心部より離れ(約60Km以上)、
    且つ緊急集配送依頼後、集配が可能
  • 高潮及び河川の氾濫による被害の可能性が皆無である
  • 近隣に危険物貯蔵がなく、人口・建設物の過密地域でない
2)保管施設設備
  • 機密文書・磁気記録媒体の専用保管施設として設計・建築された、耐震・耐火構造の堅牢な建物
  • 保管施設及び保管庫への侵入を監視・防止するためのセキュリティ体勢を完備
  • 火災感知装備及び磁気記録媒体特有の消火装置(ハロゲンガス消火設備)設置
  • 保管庫内部の火気発生要因・電磁気発生要因防止環境
  • 防災用・自家発電装置の設置
  • 緊急地震速報受信機Nシステムの設置
  • 磁気記録媒体における保管環境とし、温度(摂氏18〜22度)及び湿度(40〜60%)が常時保たれ、
    温度及び湿度の記録を保持

集配送サービス

機密文書・磁気記録媒体を安全確実に集配できるよう、以下の条件を具備しております。

  • 磁気テープ等収容専用ロッカーの積載部分は、破損・衝撃に対する強度を施している
  • 搬送する記録媒体の劣化防止の為、荷室内の空調設備を搭載
  • 集配車両は積載コンテナの完全な施錠、GPS搭載防犯設備完備
  • 365日24時間体制で緊急集配が可能
  • 専用輸送・保管ケース(耐衝・防磁)による取扱い

Web文書管理システム

オフィスのパソコンからインターネット上で、保管情報の確認・サービスの依頼を行うことができます。

詳しくは、FDS専用ホームページをご覧ください。