警備・防犯・セキュリティサービスの富士防災警備株式会社

トップページ > サービス一覧 > S-CAST
巨大地震から財産・生命・未来をまもる!!
CONCEPT
 国は2014年3月28日、首都圏直下型大地震310市区町村、南海トラフ大地震707市町村を防災対策推進地域に指定しました。これらの巨大地震が発生した場合、いずれも国家存亡の巨大リスクの到来といわれています。
 当社は2011年の東日本大震災以降、複数の国立大学や天文台の研究者と「巨大地震発生の前兆現象予測による事前BCP」を主たるテーマに共同研究を行いS-CASTシステムを確立して、セキュリティーと防災の融合により巨大リスクからの減災情報を多くのユーザーに提供しております。
 より観測精度の高い電離層全層(F2・F1・E・D層)を観測する手法の研究成果として、2015年10月30日付で特許庁長官より「特許第5830127号」の認定を頂きました。更に、2016年度に熊本地震に関連付けられるγ線事前異常値の観測を全国で実行し、二番目の特許申請を行って予測精度の圧倒的向上へ寄与いたしております。弊社の情報端末による赤マーク=警戒は、大津波(3m以上)の伴う首都直下型、南海トラフ級の巨大地震を予測し、各社のBCPを準備して、黄色マークは多少揺れるが東日本大震災クラスにはならない旨を情報配信し、事前安心感の提言をしております。

代表取締役  鶴賀 孝宏

S-CAST地震予測該当率
該当率
クリックすると詳細を表示致します。(PDF:約1.8M)
S-CAST速報
S-CAST BCP地震予測情報活用のメリット
前兆現象を解析する高確率な予測
 近年様々な計測機器の発展により、地震発生前には、電波伝搬異常・磁場異常変動などが、世界各地で観測されており、地震予測に利用できないかと考えられていました。これらの前兆現象は、地震発生の準備段階における地殻内の応力変化に起因して発生していると考えられています。
 S-CASTでは、現在地震予測の最も有効な手段として世界的に認知されている電離層擾乱観測に重点を置き、前兆現象のモニタリングをおこなっています。
 これらの前兆現象の観測データを、大学・研究機関・当社アナリストが解析することにより、「何時」「何処で」「巨大地震」が起こるかを、業界唯一の検証方法にて、高確率な地震発生予測を 数日〜10日前後 に告知することが可能となりました。
地震専門の研究機関と大学との産学連携
S-CASTは、巨大地震短期予測のため7種類の観測手法を組み合わせ、様々な角度から前兆現象を捉え、観測、解析することにより精度を高めています。
地震専門の研究機関と大学との産学連携
BCP(Business Continutity Plan)
企業が自然災害やテロ等の緊急事態に遭遇した場合、事業資産の損害を最小限に抑えつつ、中核となる事業の継続或いは早期復旧を可能にする為、緊急時に行うべき行動、事業継続の方法・手段等を予め決めておき、平常時より準備しておく計画のことです。
BCP(Business Continutity Plan)のメリット
マグニチュードと地震エネルギーの関係
マグニチュードは、震源から放射された地震波の総エネルギーに関係づけられ、マグニチュードが0.2大きくなるとエネルギーは約2倍、1大きくなるとエネルギーは約32倍に、2大きくなると約1000倍になると考えられています。(下図) すなわち、M8クラスの地震エネルギーはM6クラスの地震1000回分と同等のエネルギーを有することになります。
BCP(Business Continutity Plan)のメリット
S-CAST TIME LINE BCP地震予測情報配信例
クリックすると画像が拡大されます。
BCP関連商品
S-CASTα
S-CASTα
S-CASTプラス
S-CASTプラス
S-CAST WAREHOUSE
S-CAST WAREHOUSE
強震対応自動画像通報システム
強震対応自動画像通報システム
Helios(自動追尾ソーラーシステム)
Helios(自動追尾ソーラーシステム)
強震対応自動通話システム
強震対応自動通話システム
Helios mini(簡易型)
Helios mini(簡易型)
Helios micro(簡易型)
Helios micro(簡易型)
お問い合わせ